カードローン 種類

キャッシングの種類

キャッシングのサービスは様々で、多くの金融機関が多彩なサービスを提供していますが、色々な基準でいくつかの種類に分けることはできます。
まず、運営している金融機関の種類で分類することができます。
大きく分けると、銀行と貸金業者になります。
キャッシングのサービスを提供しはじめたのは消費者金融で、現在も主要な金融機関となっています。
消費者金融は貸金業者に分類されています。
貸金業者は消費者金融以外にもクレジットカード会社もあります。
クレジットカード会社もキャッシングのサービスを提供していますから、貸金業者を更に分けるのであれば消費者金融とクレジットカード会社に分けるのが良いでしょう。
銀行は貸金業者とは別で、規制される法律も異なっています。
法律が異なると言うことですからサービスの内容も異なっています。

 

ですから、貸金業者とは異なるサービスだと考えることも出来るでしょう。
最近では銀行も積極的にキャッシングのサービスを提供していて、多くの銀行で利用する事ができます。
また、過去には消費者金融だった会社が現在では銀行になっていると言うこともあります。
銀行の中でもいくつかの種類はあるのですが、特徴的なのがネット銀行です。
店舗を持っている従来の銀行もキャッシングのサービスを行っていますが、ネット銀行もサービスを提供しています。
従来の銀行とネット銀行とでは、もともとの利用の仕方が異なっていますから、キャッシングのサービスも異なっていると言えるでしょう。

 

このように、サービスを提供している会社によって、消費者金融、クレジットカード会社、従来型の銀行、ネット銀行の4つに分けることができます。
まずはこのようにして分けるのが良いでしょう。

 

次に利用方法です。
利用方法は大きく分けると窓口、カード、インターネットとなります。
消費者金融がサービスを提供しはじめた頃は、まだサラ金とよばれたり街金とよばれたりしていたのですが、この時代には窓口で契約をするのが一般的でした。
消費者金融の窓口へ行って手続きを行い、そのときに現金を受け取ります。
返済をする時にも窓口で返済をするのが一般的だったのです。
それ以外の方法がなかったともいえるでしょう。
その後、銀行がキャッシュカードを開発すると、その技術を応用してカードローンが登場しました。
カードローンでは、ATMでカードを使って融資を受けるというものです。
借り入れをする時もATMで行うことができますし、返済をする時もATMで行うことができます。
これによって利用できる時間が長くなり、より便利になったと言えるでしょう。

 

そして、最も最近になって登場したのがインターネットを利用した方法です。
一般的にはネットキャッシングと言われています。
カードはなく、インターネット上で借り入れや返済の手続きを行うことができます。
現金のやりとりは銀行口座を通じて行うのが一般的です。
借り入れの手続きを行えば、現金は銀行に振り込まれます。

 

ですから、現金を手にするためには銀行へ行ってATMから引き出すのが一般的です。
借り入れをする時には他の方法も選択できて、例えばネット所ぴpんぐをする時には代金を振り込まなければなりませんが、キャッシングの口座から直接振り込めるようなサービスもあります。
ネットキャッシングの返済方法は、基本的には引き落としか振り込みになります。
銀行引き落としを設定しておけば、毎月同じ日に返済することができますし、銀行から振り込んで返済をする事もできます。
キャッシングには様々なものがあって、実際にはカードで利用できた上で、さらにインターネットで利用できるというものもありますから、これだけの種類に分けきることができるわけではありませんが、現在のとこれはこのような種類に分けるのが良いでしょう。