カードローン 流れ

キャッシングまでの流れ

キャッシングを実際に利用するまでにはいくつかの手続きが必要となり、手続きの流れは金融機関によって異なる場合もありますが、全体的に見れば申込み、審査、結果の通知、融資の実行となります。
キャッシングを利用するためには、まず申し込みが必要となります。
申し込みの方法はいろいろあって、例えば窓口へ行って申し込む方法もあります。
中小の消費者金融であれば、窓口で申し込みができるようなサービスを提供しています。

 

また、銀行のキャッシングのサービスを利用しようと思った時には、銀行の窓口で申し込みができる場合もあります。
申し込みの方法は多様になっていて、郵送で行うことができる場合もありますし、電話と郵送の両方で行うことができる場合もあります。
無人契約機などを利用して申し込みを行うことも出来ます。
色々な方法が提供されていますから利用しやすいものを選べば良いのですが、最近ではインターネットを用いたものが多くなってきています。
インターネットを使えば、申し込みから書類の送付までをすべて行える場合もあります。

 

例えば、ウェブサイト上で必要な情報を記入してフォーム上で送信をし、そして身分証明のための書類や収入を証明する書類などは、デジカメなどで撮影したものを添付して送信するという形をとることも多いです。
このような方法であれば、手続きはインターネット上だけで完結しますし、融資までのスピードも非常に速くなります。
申し込みをすればそれらの情報に基づいて審査が行われます。
審査では年令や雇用形態、年収などがその対象となります。
審査によって利用できる限度額や金利が決まりますから、キャッシングを有利に利用できるのかどうかがここで決まると言えるでしょう。

 

ですから、審査は最も重要な部分とも考えられます。
審査そのものは、借り入れをする側は何も出来ませんから、ただ待つだけです。
審査の時間は金融機関によって異なっていますが、消費者金融はスピードが速く、数分程度で終わる場合もあります。
最近では即日融資のサービスが良く行われていて、申し込みをした日に資産が行われて結果が通知されることが多いです。
審査に通れば結果が通知されます。郵送で通知されることもありますが、電話やメールで通知されることもあります。
いち早く知りたいのであれば、電話やメールで通知してくれる金融機関を選ぶと良いでしょう。
審査に通ったのちには、すぐにキャッシングを利用できる場合とそうではない場合とがあります。
カードの利用を選択した場合には、カードを入手しなければなりません。
郵送されてくるのであればそれまで待つことが必要でしょう。
無人契約機などで受け取ることができる場合もありますから、急いでいる人の場合にはこの方法を利用するのも良い方法です。
窓口に取りに行くこともあります。
そして、カードを受け取ればATMを探してキャッシングを行うことができます。
カードを利用しないキャッシングのサービスもあります。

 

インターネット上ですべて利用できるサービスに申し込んだのであればカードは送られてきませんし、なくても利用する事ができます。
この場合には、現金を受け取るために銀行口座が必要となる場合が多いでしょう。
インターネット上でキャッシングの申し込みをすれば銀行口座への振り込み手続きが行われます。
そして、振り込みが完了するのを待って銀行口座からお金を引き下ろすことになります。
キャッシングを利用するためには、だいたいこのような流れになっていて、郵送を利用するのであればそのための期間がかかりますから時間はある程度かかります。
インターネット上ですべてのサービスを利用するのなら即日で完了することもあります。